CRCグループTOP > シー・アール・シー > よくある検査のご質問 >
B型肝炎ワクチンの追加接種基準は?
B型肝炎ウイルス(HBV)は感染力が高く、針刺しによる感染の確率は23〜62%であり、肝炎を発症する危険性はHBs抗原、HBe抗原ともに陽性の場合22〜31%、
HBe抗原陰性でも1〜6%と報告されています。

また、HBVは室温で表面が乾燥した血液の中で少なくとも1週間は生き続けることができます。このため、針刺しだけではなく、血液や体液に接触する可能性がある医療従事者や学生などは、HBワクチン接種によってHBs抗体を獲得しておく必要があります。

通常、HBワクチンは1コース3回接種を行います。HBワクチンで産生された抗体は時間の経過とともに次第に減弱し、接種後8年以上経過すると約60%の人において検出されなくなります。WHOの勧告では、HBs抗体価が10mIU/mL未満になったとき、追加のワクチン接種をして抗体価を高めることになっています。

そこで、3回接種の1〜2か月後にHBs抗体価が10mIU/mL未満の人は無反応者とされ、最高3回まで再接種を行います。10mIU/mL以上100mIU/mL未満の低反応者にも再接種を1回行い、1〜2か月後に再度抗体価を測定します。抗体価が100mIU/mL以上になれば、極めて良好な免疫記憶が形成されるといわれています。ただし、これは精密測定による抗体価で、従来のPA法では30〜60mIU/mLで陰性となります。

弊社では、2007年12月よりPA法で行っていたHBs抗体を精密測定試薬へ変更し、10mIU/mL未満(-)、10〜99mIU/mL(+)、100mIU/mL以上(2+)と報告しています。これは、ワクチン接種後の抗体価の経過を有効性や安全面から評価するのに有用で、定期的に年1回程度測定することが推奨されます。

図.HBワクチン接種後の抗体価の推移(4人の接種例)

〔参考〕 飯野四郎:日医雑誌 127(3)、2002