CRCグループTOP > シー・アール・シー > よくある検査のご質問 >
HbA1c低値はどのように解釈すればいいですか?

赤血球が体内を循環している中で、ヘモグロビン(Hb)が血中のグルコースと徐々に結合し、糖化Hbが形成されます。HbA1cはHbβ鎖のN末端アミノ酸にグルコースが非酵素的に結合(糖化)したもので、総Hbに対する割合で表されます。HbA1c値は血中グルコース濃度と時間に依存し、赤血球の平均寿命は120日であるため、HbA1cは過去1〜2ヵ月の平均血糖値を反映します。

HbA1c値が異常低値となるのはインスリノーマ等の慢性低血糖があります。

また、急激な発症・増悪した糖尿病では血糖値と乖離し、低値を示す場合があります。この場合、過去約2週間の平均血糖値を反映するグリコアルブミン(GA)と併せて測定する必要があります。

一方、偽低値を示す場合として、出血、鉄欠乏性貧血の回復期、溶血性疾患や肝硬変(脾臓機能亢進)、エリスロポエチン投与中では古い赤血球が新しい赤血球に入れ替わるため、赤血球の寿命が短くなり、HbA1cが低くなります。

現在、HbA1cの測定法にはHPLC法、免疫法、酵素法があります。HPLC法は各種Hbをイオン交換クロマトグラフィーによって分画し、糖化Hbの面積と総Hbの面積比よりHbA1cを求めます。免疫法はHbA1cに特異的な抗体を用い、HbA1c量に応じて増減する凝集量を測定します。酵素法は2種類の酵素により、HbA1cの糖化部分を切り出して測定します。

異常Hb症ではHPLC法で様々な位置に分画され、HbA1c値が異なり、低値や高値となる場合があります。免疫法では変異部位が抗原認識部位でなければ、酵素法では切断する位置でなければ正確に測定することができます。血糖値と乖離する場合には異なる2方法で測定するか、GAを測定します。

 

表.正常血糖でHbA1cが低値を示す疾患・病態
・急激に発症
・増悪した糖尿病
・溶血性疾患
・鉄欠乏性貧血の回復時
・失血後、輸血後
・エリスロポエチン治療中の腎性貧血
・肝硬変・異常ヘモグロビン症の一部

【参考】

・臨床検査 増刊号57(11)、2013
・糖尿病ガイド2014-2015、日本糖尿病学会