CRCグループTOP > シー・アール・シー > よくある検査のご質問 >
高HDLコレステロールの臨床的意義を教えてください。

HDLは末梢組織に蓄積した余剰なコレステロールを取り去り、肝臓に運び処理する働きを持つリポ蛋白で、HDLコレステロール(HDL-C)は総コレステロールのうちHDL内に含有されるコレステロール成分です。

多くの疫学調査から、動脈硬化の負の危険因子(善玉)であることが明らかとなり、HDL-C値が高いほど動脈硬化性疾患の発生が少なく、かつ長寿命といわれてきました。

しかし最近になって、高HDL-C血症の原因の1つとしてCETP欠損症が注目されています。CETP(コレステロールエステル転送蛋白)はHDLのコレステロールをLDLやVLDLに転送し、HDLやLDLの量や質を調整していますが、遺伝的に欠損するCETP欠損症では冠動脈疾患保有率が高いことが報告されています。

CETPに影響を与える後天的因子として飲酒があります。慢性大量飲酒はCETP蛋白活性を低下させ、高HDL-C血症を呈します。

また、種々の薬剤(ステロイドホルモン、インスリン、フィブラート系薬剤、ニコチン酸、エストロゲン製剤、CoA還元酵素阻害剤)の投与や原発性胆汁性肝硬変、閉塞性肺疾患によってもHDL-C値が上昇します。

女性、やせ、菜食主義や運動などでも高値となりますが、HDL-C値が100mg/dLを超えた場合は上記の薬剤や疾患による二次性高HDL-C血症やCETP欠損症などの原発性高HDL-C血症が疑われます。