CRCグループTOP > シー・アール・シー > よくある検査のご質問 >
ラテックスアレルギーについて教えてください。

ラテックスにはゴムの樹液を原料とする天然ゴムラテックスと石油を原料とする合成ゴムラテックスがあり、ラテックスアレルギーは天然ゴムラテックスによるアレルギー反応をさします。天然ゴムラテックスに少量含まれる蛋白質成分がアレルゲンとなり、残留している天然ゴム製品に接触することでアレルギー反応が起こります。

天然ゴムはゴム手袋や医療用カテーテルなどに多く使用されているため、医療従事者では多くみられ、特に最近では院内感染予防によりゴム手袋の使用頻度が高くなったため、罹患率が急速に上昇、有症率1.1〜13.8%、ラテックス特異IgE抗体の陽性率1.4〜34.5%と報告されています。さらにアトピー体質を持つ人は罹患するリスクが高くなります。

また、ラテックスアレルゲンと交差反応性のあるアボガド、バナナ、栗、キウイフルーツに対する食物アレルギーからラテックスアレルギーを発症する場合があり、逆にラテックスアレルギー患者ではこれらの食物を摂取すると口腔アレルギーや重篤なアナフィラキシーを起こすことがあり、注意が必要です。

感作経路はゴム手袋では皮膚から、パウダー付き手袋では空中に浮遊したパウダーに付着したラテックス蛋白質を吸い込むことで呼吸器系から、カテーテルなど医療用具を頻回に使用する患者では接触する粘膜から感作される可能性があります。ラテックスアレルゲンに感作されると、アレルギー反応の程度に応じて痒み、じんましん、粘膜浮腫、喘息発作、アナフィラキシーを発症します。

予防策として、血液検査で特異IgE抗体を測定し、感作の程度を観察し、パウダーフリーのラテックス蛋白含有率の低いものを使用します。

ところで、ゴム製品との接触で起こる接触性皮膚炎は化学薬品によるかぶれ(湿疹)によるもので、ラテックス特異IgE抗体は産生されません。


表.ラテックスアレルギー患者における食物アレルギーの原因食品
バナナ トマト アボガド ハパイヤ キウイ ジャガイモ メロン

〔参考文献〕
アレルギー疾患診断・治療ガイドライン2010  日本アレルギー学会