CRCグループTOP > シー・アール・シー > よくある検査のご質問 >
AFP−L3分画比の臨床的意義とAFPとの違いを教えてください。

α−フェトプロテイン(AFP)は癌胎児性蛋白の代表的な腫瘍マーカーで、主に胎児の肝細胞と成人の肝細胞癌によってつくられます。肝細胞癌の早期診断のスクリーニングとして用いられ、肝細胞癌の経過観察や治療効果の判定および予後判定に有用です。

AFPは1分子あたり1個の糖鎖を有していますが、癌化に伴う糖鎖の変化をレクチン(LCA)との結合性を利用して検出するのがAFP−L3分画比(AFP-L3%)検査です。AFPはLCA非結合性分画(L1)、弱結合性分画(L2)および結合性分画(L3)の3つに分かれ、慢性肝炎や肝硬変では主にL1、肝細胞癌ではL3が増加します。総AFPに対するAFP−L3の割合を示したものがAFP−L3%で、AFPの生物学的悪性度を示します。一度、肝細胞癌と診断されて何らかの治療を行った際、AFP−L3%が陰性化しない場合には腫瘍の残存している可能性が極めて高く、陰性化しても再び陽性化する場合は再発の危険性が高くなります。また、肝細胞癌でAFP−L3%が陽性の場合、予後不良といわれています。

AFPは慢性肝炎や肝硬変などの良性疾患でも上昇することから、AFPのみでは良性肝疾患と肝細胞癌の鑑別は困難なことが多く、AFPの経時的変化で上昇を確認するか、AFP−L3%を相補的に測定する必要があります。

ただし、AFP−L3%はAFPに比べて肝細胞癌に特異的ですが、絶対的なものではなく、劇症肝炎や肝硬変の再燃、重症化によっても上昇するため、留意しなければなりません。

ところで、肝細胞癌以外では胃癌の特殊な組織型でAFP産生胃癌があり、肝転移が高率に認められ、L3が高値となります(従来法のレクチン親和電気泳動法ではL1とL3の間にL2として検出されます)。また、妊娠の場合、胎児由来のAFPのために妊娠8ヵ月をピークに高値となりますが、大部分がL1に含まれます。

原発性肝細胞癌の腫瘍マーカーにはAFP、PIVKA-IIおよびAFP−L3%があります。早期癌の場合、それぞれの陽性率は22%、34%、17%と感度が低いため、少なくとも2種類以上の腫瘍マーカー測定と定期的な超音波検査が推奨されています。

<保険請求上の注意> 同一月内にAFP-L3%をAFPまたはPIVKA-IIと併せて実施した場合は、
主たるもののみ算定