CRCグループTOP > シー・アール・シー > よくある検査のご質問 >
腫瘍マーカーのPSA検査値と前立腺癌(がん)の確率を教えてください。

PSAは前立腺にのみ存在する糖蛋白で、健常な男性の血中にも微量存在し、前立腺癌の腫瘍マーカーとして最も利用されています。

しかし、前立腺癌だけでなく、前立腺炎や前立腺肥大症などの良性疾患でも上昇します。また、尿道操作や前立腺マッサージなど前立腺に刺激を与えた後にも上昇します。

カゼ薬、胃腸薬などには尿を出にくくする副作用をもつ成分が含まれているものがあり、薬によってはPSA値を上昇させる場合があります。

PSAが高値となった場合は、数日以上おいて再検査を行います。再検査でも高値の場合は、前立腺触診、前立腺超音波検査などを行い、癌が疑われる場合は、生検にて確定診断を行います。


PSAおよびPSA F/Tと前立腺癌
PSAおよびPSA F/Tと前立腺癌
PSAが4.0〜10.0ng/mLは、グレーゾーンといわれ、前立腺癌と良性疾患がほぼ半数で存在します。
 非癌では蛋白と結合していない遊離型PSAが多いことから、遊離型/総(F/T)比を検査することで、前立腺癌の確率を推定できます。
 PSA値が高いほど、F/T比が低いほど前立腺癌の確率は高くなります。